二重埋没法の痛みはどれくらい

切らずに二重になれる埋没法

切らずに二重になれる埋没法 : 埋没法の手術はたった20分程度 : 人生初!ナンパされちゃったのも埋没法のおかげ

私は、小さい頃から一重にコンプレックスを抱いており、自分の顔が嫌でたまりませんでした。
それが原因で自分に自信が持てず、喋る時もうつむきがちだったり、声を張ったり出来ませんでした。
どうせ私なんて、という思考だったので、性格が歪んでおり、周りにもかなり不快な思いをさせていました。
だから、陰口を言われたり、いじめられることもしばしばでした。
高校生のころは、アイプチやテープで二重を作っていましたが、やはり不自然でしたし、毎朝、形を整えたり、鏡を常に気にしたりするのがとても面倒でした。
そんな生活を続けていたせいか、瞼が伸びてビロビロになってきてしまい、すっぴんはかなりひどかったです。
そのころ、テレビで話題になっていた、切らずに二重になれる埋没法というものがあることを知って、絶対に受けてやる、と思いました。
親に相談しましたが、もちろん猛反対でした。
しかし、これまで自分の顔が死ぬほど嫌いだったこと、いじめられたこともある、とすべてを告白しました。
最終的に、自分のお金で手術するならいいだろう、ということで、急いでアルバイトを始めました。
ようやく手術資金が溜まり、その頃には大学入学前の春休みでした。
受けるなら今しかない、そう思ってインターネットで、美容整形を扱っているクリニックを調べ上げ、悪い口コミ、良い口コミを徹底的にリサーチしました。
さらに、実際にクリニックへ電話をかけて、対応の仕方や雰囲気なども調査しました。
絶対に失敗したくなかったので、下調べは十分すぎるほどに行いました。
CMをやっているから、大手だから、というだけでクリニックを選びたくなかったのです。
交通の便も良く、美容整形で名を馳せている先生が施術してくれるという点から、ある美容整形クリニックを選び、そこへカウンセリングへ行きました。

二重埋没法の痛みについて

私は、高校生のころから、二重を作る化粧品で、目をぱっちり大きくするメイクをしていました。
その時は二重になれるのですが、メイクを外すと、目つきの悪い一重に戻ってしまいます。
これが原因で、彼氏と別れたこともあります。
メイクしているときと、すっぴんが別人でショックって言われちゃいました。

この一言が、私に二重整形を決意させました。
以前から、朝のバタバタする時間に、幅を決めてのりをつけて乾かして・・・って時間がかかる作業をするのがすごく面倒に感じていたんです。
でも、ちゃんとメイクしないと「誰?」って言われちゃうし、なんとしても朝にメイクを完成させておく必要があったんです。
他にも、まぶたがたるんできたり、一重がバレたりと、単純にまぶたをのりでくっつけているだけでは不都合なことが多く起こっていました。

これらのことから、高校卒業と同時に、埋没法を行い、大学デビューを飾ったんです。
埋没法の詳しいレポートを書いていきますね。
これから施術を考えている方の参考になれば嬉しいです。

私は、主にインターネットで施術を受けるクリニックを選びました。
クリニックのホームページをチェックし、実績や症例を見るのはもちろんですが、匿名の書き込み型の掲示板などでも体験談や口コミを細かくチェックしてみました。
時には自分から質問を投げかけることもありました。
通いやすく、医師の腕も信頼できそうなクリニックを選びました。

カウンセリングでは、施術方法や料金などについて説明を受けます。
その後、二重幅を決めていきます。
私は、幅を広くしたかったのですが、医師からは幅を広く取りすぎると、目をつむるとき不自然に見えたり、糸が取れやすくなるからやめた方が良いって言われました。
そして、控えめだけどキレイに見える幅を決め、後日施術を行うことにしました。

私は今まで超健康優良児でしたから、手術なんてしたことがありませんでした。
だから、実際に施術を行う時はすごく不安でしたし、緊張しました。
看護師さんがずっと手を握ってくれて、安心しました。
麻酔を受けているおかげで、痛みはほとんどありません。
しかし、まぶたに糸を通すので、針が刺さる感じとか、糸を引っ張る感覚があり、それはとても気持ち悪かったです。

施術後は、まぶたがじんわり熱く、腫れぼったい感じになっていました。
痛みはそんなにありません。
埋没法は日帰りできる手術なので、クリニックである程度施術箇所を冷やしたら、帰宅できました。
施術後2,3日はまぶたが腫れて視界が狭くなっていました。
鏡で見ると、お岩さんってくらい醜かったです。
大学入学前の春休みでしたから、時間はたっぷりあったので家でゆっくりしていました。

だいたい2週間くらいでしょうか。
腫れはほとんどなく、自然な二重が出来ていました。
以前では1時間くらいかかっていたメイク時間が、およそ半分の時間まで短縮できました。
のりでまぶたをくっつけているときは、のりがテカったりしてメイクがヨレたり、発色がうまくいかなかったりしたのですが、今は本当に楽になりました。
メイクもより楽しめるようになりました。
何より、すっぴんでもキレイな二重がキープ出来ているっていうのが、すごく嬉しいです。
久しぶりに、近所のスーパーに買い物に行きましたが、視界もクリアで、何の支障もありません。

私はクリニックを慎重に選んだおかげか、施術をして本当に満足していますし、一切の後悔もありません。
しかし、大手だからとか、安いからとか、単純な理由だけでクリニックを選ぶのは注意した方が良いです。
口コミや体験談も参考にしながら、じっくり調べたほうが良いと思います。
プチ整形といえど、手術には変わりありませんからね。